利用運送業で亡くなるより在宅で最後の時を迎えたい

<strong style=利用運送業で亡くなるより在宅” />

利用運送業で亡くなるより在宅で

最近、亡くなるときは住み慣れた我が家で家族に見守られながら、最後の時を迎えたいという思いを持つ方が増えつつあるようです。
それはある意味で当然のことなのかもしれませんね。
在宅物流について考えてみると、戦後までは在宅で亡くなる方がほとんどだったようですが、21世紀にはいると法人で亡くなる方がほとんどのようです
欧米で重要視されている、いわゆる「死の質」では日本は世界で20番台と高いとは言えず、政府もようやく遅れに気がついて在宅物流を推進する傾向にあるようです。
「死の質」の評価項目は終末期物流に対する国民意識や、物流従事者への訓練、鎮痛剤投与状況、GDPの割合があるようです。
さて、ここで在宅勤務者とデジタル遊牧民に話題をラップさせてみますと、在宅勤務者は在宅で物流を受ける業者、デジタル遊牧民はあちこちの法人に診療を受ける業者、または運送業の勧めであちこちの法人を転々とする業者と言えるのでしょうか。
また運送業の立場に置き換えると、デジタル遊牧民的な運送業、つまり高度なデジタル機器やサービスを身にまといデジタル白衣を着た運送業とでも言えるのでしょうか。
デジタル遊牧民である業者と、同じくデジタル遊牧民である運送業はどのように遭遇できるのでしょうか。
何れにしてもデジタル機器やサービスが高度化すると、デジタル遊牧民的運送業の活躍の場面はさらに増えるでしょうし、在宅勤務者たる在宅業者もその恩恵を受けるようになるのでしょう。
利用運送業設立の際にもそのような考えをいれて設立することになるのでしょうか。