デジタル遊牧民的な仕事の利用運送業

遊牧民的な<strong style=利用運送業” />

遊牧民的な仕事の利用運送

営業拠点はあくまでも在宅勤務者として、営業活動はデジタル遊牧民的な仕事といえば、軽自動車の貨物運送業があります。
電話ひとつで顧客の自宅まで荷物を取りに来て、運送するわけです。
現在の登録会員数は4000を超えるそうで、開業には軽貨物自動車1台と入会金50万円程度があればいいそうで、まさに在宅勤務者にとって始めやすい仕事なのかもしれませんね。
よく考えると在宅勤務者である必要があるか?デジタル遊牧民でも利用運送業はできないか?
顧客に不安を与えないように、様々な地図情報サービスとGPS、カーナビゲーションを組み合わせていけば立派なデジタル遊牧民の仕事と言えるでしょう。
大口や小口の大きさによらず荷物を扱うことも可能ですし、ちょっと難解な言い回しですが固定的でない地域密着型の営業も可能です。
集配をWebサイトで受け付けることも可能でしょうから、移動、つまり遊牧しながら仕事つまり獲物を得ることもできますね。
いままでのテリトリーで仕事が少なくなれば、他の地域に足を広げて営業活動することも可能です。
まさにモンゴル草原でゲルからゲルへ移動しつつ生活を営む遊牧民ですね。
馬の代わりに軽貨物自動車があればいいわけです。
いずれの場合も拠点をあくまで「自宅」とすることが可能ですから、在宅勤務者とも言えるわけです。
ある時は在宅勤務者、ある時はデジタル遊牧民、まさに21世紀、デジタル時代を象徴する仕事かもしれませんね。
結論として、利用運送業はデジタル遊牧民でもあり在宅勤務者でもあると言えるでしょう。