デジタル遊牧民の価値有る物を求める利用運送業

価値有る<strong style=利用運送業” />

価値有る利用運送

デジタル遊牧民が先進国や未開の地を問わず世界を渡り歩き、価値有る物を求めて渡り歩く商売に、利用運送業があります。
一般的には利用運送業といえば美術品を扱う仕事を連想しますが、実は、運送自動車を扱う場合や運送パソコンを扱う店、金券ショップや衣類などの物流ショップも該当します。
欧米では運送という言葉に違和感を感じない国も多いようですが、最近、日本でも物流品を扱う店は増え、顧客も増加傾向にあるようです。
運送品にはカメラやOA機器、機械工具、道具など様々な品物が該当します。利用運送業で商売したいと考える在宅勤務者たちは、利用運送業免許をその営業所を管轄する警察署から取得する必要があります。
警察から許可を得る、と考えるとデジタル遊牧民の仕事ではない?やはりそうでしょうか。
実は利用運送業許可をえて商売するのは在宅勤務者たちだけとは限りません。
大手の物流チェーンも日本には多く存在します。
書籍を取り扱う大手のチェーン店などは、大人だけではなく子供達の世界でも広く知れ渡っているのではないでしょうか。
もちろん、昔から馴染みのある運送車チェーン店なども同様ですね。
最近はデジタルサービスを積極的に活用し、在宅勤務者たちの拠点を訪問し運送品の仕入れや販売を行うのも珍しくないことでしょう。
運送品の入札を行うのに、Webサービスを活用する例も珍しくありません
運送のバイクを買い取るためデジタル機器を持って、物を持つ在宅勤務者たちを渡り歩き物を獲得していく営業マンたちは、やはりデジタル遊牧民と言えるのかもしれませんね。